"ele-log(エレログ)" 選挙情報専門サイトElection.がお送りする政治家ブログ

URL

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。

最新コメント一覧

米山 隆一 - 裏切り へのコメント

ご批判はご批判として受け止めます。しかし、何も言わなければ、何も伝わらず、誤解は誤解のままになってしまいます。お許しいただければと思います。

私の器について、私自身は判断できません。出来ることは、この身をさらして、有権者の皆さんに判断していただくことだけです。

尚、器の大きさは分かりませんが、器の中身が情熱であることを、私は知っています。行き先がどうあれ、情熱に突き動かされて生きるのも、人生です。

最後に一句「捨ててこそ 浮かぶ瀬もあれ 参議院」

投稿者: 米山隆一

米山 隆一 - 裏切り へのコメント

「不平を言えることなど一つもありません」
「その経緯について、今、何かを言うつもりはありません」

これって、不平ではないのですか?
大変お世話になったとか言って、不平、言ってるじゃないですか。

米山さんは、努力家であるともいます。

しかし、政治家としての器は無いです。

別の道で、米山さんの力を必要としている人達がいるのではないのでしょうか?

私の決めることではありませんが・・・。

投稿者: 一般市民

米山 隆一 - 農地の集約化 へのコメント

興味深く拝見致しました。
TPPへの参加・不参加を問わず、農地の集約化は今後の課題であると考えています。
そこで集落の中における農地の距離が離れている場合、どのように集約化を進めるかということが1つ大きな問題であると思います。
これは高低差のある棚田においても同じことです。

この山口県山陽小野田市の例
(農林水産省:http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1207/spe1_03.html)
のように、農地が近接していれば良いのですが、そうでない場合(キロ単位で農地が分散している場合)は、どのような対策が可能でしょうか。







投稿者: M

米山 隆一 - 賽は投げられた~安倍総理TPP交渉参加表明~ へのコメント

「よくわからない」さん、コメントありがとうございます。

お返事が長くなりますので、稿を分けてアップさせていただきました。ご参照いただけると幸いです。

投稿者: 米山隆一

米山 隆一 - 裏切り へのコメント

まだ「裏切り」と言う方がいらっしゃるのでしょうか。悲しいですね。
誤解を解くためにはずっと声を上げ続けなければいけませんね。大変ですが頑張って下さい。

投稿者: 済美

米山 隆一 - 賽は投げられた~安倍総理TPP交渉参加表明~ へのコメント

なぜ集約化にこだわるのか理解に苦しみます。
そして特殊な事(前述の地権者の違い等)という事で述べられていることへの対策として挙げられている(農地集約化に向けた土地取引については所得税、不動産取得税その他を一切免除するくらいの大胆な政策が必要でしょう。)という例が全く対策になっていない気がするのですが・・・。
土地を手放してもいいと思っている人に対しては有効でしょうが、手放したがらないんですよね?


投稿者: よくわからない

米山 隆一 - TPP反対で、日本の農業と医療と国益は守れるのか? へのコメント

>あえて「小規模農家保護政策」を戦後ほとんど70年にわたって自民党政権が続けてきたから、困難なだけです


認識不足だと思いますよ。
その程度のことで困難なわけではないです。
日本では、特に大稲作地帯(北海道は別かもですが)の大規模農家も工作面積は大きいですが耕作地は殆ど飛び地なので効率的な工作が行えません。
なぜ飛び地化は言わなくてもわかると思いますが、地権者が違うからです。
そして地権者は先祖代々受け継いできた土地だからおいそれとは手放しませんし自分の食べるコメくらい自分の土地でという方々が多く、その部分だけ自作したり、親戚、知り合いから作ってもらったりしています。
そんな事情があるからなかなか効率のいい大規模化というのが困難なわけです。
そういった人たちは殆どコメを商品として販売しませんし、したとしてもごく少量でしかありませんので保護がなくなったからほかの人に・・なんて考えはおきないと思いますよ。
それと親戚、知り合いに委託しているものを大規模化を目指す人たちに委託・・・なんてのも作る人が変わるだけで味も変わりますしいろいろな要因が絡み合っているのでお金だけでは到底解決できません。
平地だけでなく山間地は棚田も多いので、合理化も限度があるというのもありますね。
ただ、時代が変わって親から農地を受け継いだものの自分で作ることなく、耕作放棄地にしてしまっている土地は以前より増えてはいると思います。
そういった部分に関してはある程度は合理化に向けた取り組みでなんとかなるかもしれませんね。





投稿者: とおりすがり

米山 隆一 - TPP反対で、日本の農業と医療と国益は守れるのか? へのコメント

 早速のお返事ありがとうございます。おっしゃるとおり、TPPに反対するだけでは守られないと思います。

 だが同時に、TPPに参加すれば、少なくとも農業は次代を待つ間も与えられずに死ぬことでしょう。これだけでも、十分にTPPに反対する理由になるでしょう。

 国民皆保険については、自民党がわざわざ「例外」の中に組み込もうとしている動きこそが、この問題の本丸であることを示している、というのが政治というものの見方だと小生は思います。だから、TPPの問題を語る中で、国民皆保険を話題にしないことは、小生はあり得ないと考えます。実際、こんな動きもありますしね。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130314/plc13031407170005-n1.htm

 

投稿者: 佐野 鷹男

米山 隆一 - TPP反対で、日本の農業と医療と国益は守れるのか? へのコメント

佐野さん

コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、農業の抱える最大の問題点は、大規模化です。しかし、それは本質的に困難なのではありません。減反政策等々で、あえて「小規模農家保護政策」を戦後ほとんど70年にわたって自民党政権が続けてきたから、困難なだけです。その問題を放置して、TPPだけに反対するのは、本末転倒でしょう。農業を守りたいからTPP反対というのなら、本気で、大規模化-小規模農家保護政策の停止‐を考える必要があります。TPPも反対、大規模化も反対では、日本の農業は座して死を待つだけのところまで、今まさに来ていると、私は思います。

医療は、再三申し上げておりますが、国民皆保険制度は、全く交渉の遡上に載っておりません。今後それが載るという予定もありません。根拠ない危惧、仮定の危惧で国の方向を決めることには、賛成できません。

製薬はおっしゃる通り、TPPとまったく無関係に、大きな問題を抱えています。したがってTPPに参加しなくても、日本の製薬産業はおそらく早晩、世界的競争力を失います。iPS細胞も、現在の臨床治験体制では、TPPとまったく無関係に、臨床応用はアメリカに握られるでしょう。

私が申し上げたいのは、「TPPに参加しなければ、日本の農業、医療、製薬は守られる。」というのは幻想だということです。逆に言うなら、「日本の農業、医療、製薬を守る。」というのなら、「TPP参加反対!」以外の、農業大規模化政策、医療社会保障制度改革、治験体制の拡充を訴えるべきだと、言うことです。

私も安倍ノミクスに反対を訴えていますが(笑)、反対は、代替案がなければ意味がないものです。TPPに反対される方は、TPP体制が出来上がった東南アジアで、そこに参加しなかった日本がどうやって物を売るのか、そのなかで、今まさに危機にある農業、医療、制約をどう立て直すのか、是非ご意見を戦わさせていただければと思います。

投稿者: 米山隆一

米山 隆一 - TPP反対で、日本の農業と医療と国益は守れるのか? へのコメント

はじめまして。TPPをめぐる議論は、反対派と賛成派でズレが生じやすいと思います。

小生は、TPP(交渉)の持つ、時間軸における非対称性という問題に着目して反対するということを最初に述べておきます。

その上で、農業の抱える最大の問題は、企業化が比較的困難なこと=大規模化が困難なことであり、TPPとは実は直接関係ないと思います。とはいえ、間接的に関係はあります。この問題を解決してからでないと、大規模化以前に、現在の分散した、小規模経営による農地が死んでしまいかねません。今の段階でTPPに加入すれば、競争力云々以前に日本の農業が死んでしまいかねません。

 次に、医療の問題は、国民皆保険の問題が最大の課題ではないでしょうか? 国民皆保険が民間保険の「参入障壁」とされた場合、世界に誇るべき日本のシステムはどのようにして守られるのでしょうか?

 次に、製薬に関しては、最大の問題は、諸外国で承認された薬品について、日本では再度承認を得るために、10年は下回らない臨床試験などのデータ取りが必要なことです。そして、(IPSを含む)臨床試験についての問題は、まさに国家による投資の問題であり、全くTPPとは無関係です。

 以上、田舎に住み、農業経営者を友人に持つ、製薬関係の会社に勤めるエンジニアからの意見です。

投稿者: 佐野 鷹男

政治家専門ブログ 国政版

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election