"ele-log(エレログ)" 選挙情報専門サイトElection.がお送りする政治家ブログ

URL

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。

最新コメント一覧

米山 隆一 - 核の抑止力 へのコメント

kenさん、コメント有難う御座います。  「国際的核燃料銀行」アイデアは素晴らしいと思います。しかし残念ながらそれは「世界警察」に似て、実現は難しいように思います。国際的核燃料銀行を実際に運営しようと思ったら、巨大な核燃料製造施設を作るか、各国の核燃料施設を、国際機関の管理下におく必要があります。その技術と資金を持っているのは、大雑把に現在の常任理事国と、日、独くらいのものでしょう。日本は比較的積極的に動くとして、他の常任理事国が自らの核施設の自由度を狭めてまで、その様な体制を作ることに積極的に動く状況には今のところなっていません。  核の公平な世界的管理と言う理想は、各国、とりわけ既得権益を有する核保有国の利害と言う現実の前には、実現は困難に思えます。しかし一方で、現実を動かすのは、いつも、最初は非現実的に見える高い理想であることも事実です。  核と言う怪物を見つけてから100余年、人類はまだそれを管理する体制を築けていません。しかしそれにくじけずに、現実と折り合いをつけながら少しでも良い制度を構築する努力を、各国は続けていかなければならないと思います。 Posted

投稿者: 米山 隆一

米山 隆一 - 午後のイケメン へのコメント

ははは、納得です(笑) でも、個人的にはこのブログプロフィール欄に載っているTシャツ姿の先生の方が好感が持てますです。

投稿者: ken

米山 隆一 - 核の抑止力 へのコメント

話題になっている国際的核燃料銀行の設立という選択肢は有効なのでしょうか。。。? 以下ニューヨークタイムズの社説日本語訳です。 http://lancomnet.itbdns.com/rss_translated_link_simple.php?num=001000350JPN001

投稿者: ken

米山 隆一 - 歴史認識、現在認識、未来認識 へのコメント

鈴木さん、風顛老人爺さん、コメント有難う御座います。  枝野さんの質問は、各方面で評判が良いですね。国会はそういった討論の場であって欲しいと思います。    私も日本の国益にかなわない形で、外交上の問題を政局に利用するやり方には、正直同意できません。またおっしゃるとおり、その様なやり方は実のところ最早政局に利用することさえ、出来なくなっているように思えます。    「日本の国益の為に、日本の現在と未来を問う質問」を私を含めた国民は待ち望んでいます。

投稿者: 米山 隆一

米山 隆一 - SAYURI (Memories Of A Geisya) へのコメント

拝啓、おまけ商法は嵌まってしまい。 いらない物も買ってしまいます。 閑話休題、アニメーションや漫画を産業として日本からの情報発信して行こうとの構想を聞きます、 ただし知的所有権 更にはアメリカに勧進元を取られてしまっています。 日本は鵜飼いの鵜になっています、残念ながら。 草々

投稿者: (^-^)風顛老人爺

米山 隆一 - 竹島周辺海域の調査問題に思う へのコメント

拝啓、竹島は日本の固有領土です。 韓国が日本が敗戦後に著しく弱体化している時期に 多くの非武装の漁民を射殺・拿捕して不当に武力占拠しているだけです。 朝日新聞・NHKは 日韓で係争中の竹島云々・・・・・・・・・・と報道しています、一体何処の国のマスコミなのか甚だ疑問に感じています、 その弱腰の報いとして、 対馬も韓国領土と宣伝(けんでん)しているぐらいです。 どしどしと反論しましょうぞ。 乱文御容赦あれ。草々

投稿者: (^-^)風顛老人爺

米山 隆一 - 歴史認識、現在認識、未来認識 へのコメント

拝啓、枝野幸男さんの高利貸問題 不妊治療についての質問・質疑応答充実しかつとても有意義でした。 特に二重利息についての懇切な説明 100万円を1年間借りて利息が2%高いと30万円以上多く返済しなければならないと謂うのは数字音痴にも飲み込めました。 こういう充実した場面こそマスコミは報道して欲しいです。 金は天下の廻り物です、極貧の庶民に行き渡ると本当の景気回復だと 思います。 草々

投稿者: (^-^)風顛老人爺

米山 隆一 - 歴史認識、現在認識、未来認識 へのコメント

野党は中韓との関係回復を訴えといてその関係回復を妨害してるようにしか見えないですねー、しかも外交問題を利用して攻撃している点で評価ができない。今日なんか民主党の枝野さんが消費者金融の件ででいい攻撃していたのにニュース番組では報道されないしw野党もマスコミもなんかずれてるようなきがします。

投稿者: 鈴木

米山 隆一 - 国旗と国歌のマナー論 へのコメント

一市民さんへ  ずいぶん遅いレスポンスで申し訳ありません。「教育は本来自由な営みの中で行われるべき」と言うご意見には賛成します。ただ私は、その為には各教師が大変高い能力を備えていることが必要であり、全ての先生がその能力を備えていることを期待するのは現実的でないと思います。管理と言うものは、理想と現実の狭間を埋めるための必要悪であり、最小であることが望ましいけれど、現実を動かす上ではなくてはならないものであると私は考えています。その意味で、私たちの間に意見の相違がある事は、否定できません。  しかし、私は、一市民さんが言うように、私たちの間には、それよりも多くのそしてもっと重要な「自由と民主」という共通点があると、感じています。同じ理想を掲げていても、そこに至るアプローチは多様です。その違いの多くは話し合いで解決できますが、時に解決できない場合があります。しかしその時にこそ民主主義は、「多数決」と言う政治的解決と、「法的判断」と言う司法的解決の二つのルールを定めています。私たちのなすべきことは、これらのルールを尊重しつつ、粘り強い話し合ってより良い解決を探していくことだと思います。

投稿者: 米山 隆一

米山 隆一 - 国旗と国歌のマナー論 へのコメント

一市民氏へ >あなたが何を問題にしたいのかが分かりませんが…。 >なぜここでゴーレムさんが北朝鮮の問題を持ち出されるのか、意図が分かりませんが…  ただ単に、あなたの国語力が欠如しているだけです。

投稿者: ゴーレム

政治家専門ブログ 国政版

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election