"ele-log(エレログ)" 選挙情報専門サイトElection.がお送りする政治家ブログ

URL

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。

最新コメント一覧

米山 隆一 - 明治維新と平成逆維新 へのコメント

こんにちは、
篤姫、なかなか良いですね。
「平成逆維新」ですか、勉強になります。

投稿者: 篤姫@熱中

自民党 菅家 一郎 - 週刊ポストにTBS問題が掲載 へのコメント

一連の報道、TBSからの謝罪文の提出、謝罪放送、そして週刊ポストへの記事掲載。なぜかスカッとはしませんが、会津若松の関係のみなさまの完勝、天晴れだと痛感しています。大好きな街会津若松、今すぐにでも訪れて、サクラの中に凛とそびえる「鶴ケ城」を見上げたい衝動にかられています。
ならぬことはならぬものです。まさに会津の精神に忠実に対応した結果と胸が熱くなっています。
まっすぐに、貫き通すことの大切さを、改めて学びました。そうだ、来週は鶴ケ城公園にサクラを見に行こう。決めた!

投稿者: 會津っこ

自民党 菅家 一郎 - TBS謝罪放送の内容 へのコメント

TBSが過去に犯した問題の数を考えてみると、
あの企業が本当に反省する事は、
未来永劫ないと感じます。

中小企業が“信頼”を獲得するために、
どれだけの努力をしているか?
をTBSの人間は考えるべきです。

会津藩士は戦に負けたにせよ、
会津を、子孫の誇りを守るために、
負けると解る戦に挑んだのだと思います。

先人が、正に命をかけて、戦ったおかげで、
今日の会津の平和と繁栄がある。
その戦いの真の意味を理解できる人間が
これからの会津に増えていく事を
願います。

会津出身東京在住者より

投稿者: 永田町って不思議ですねぇ研究会

自民党 菅家 一郎 - TBS謝罪放送に対する市長コメント へのコメント

菅家市長のお気持ちは理解しました。
この文面から察するに、
今回はこれで一応は矛を収めようということですね。
まあ、これ以上TBSを糾弾しても、
あの様な放送を垂れ流す愚劣な頭脳しか持ち合わせない輩には無駄かも知れませんね。
この度はいろいろとお疲れさまでした。

さて、またブログのコメントに噛みつき恐縮ですが、
4/8のブログへのコメントの中に
またしてもとんでもない勘違い者がおりました。
書かれている内容になんら信憑性をもたない
2ちゃんねるなどというものを気にし、
山口県と交流を持てなどとは意味も分かりません。
140年経ったから、あの時のもう忘れろなどとは、
あの時に何がなされたのか、
まったく理解していないとしか言いようがありません。
「匿名」と名乗る御仁は、もう一度、良く、
戊辰戦争の際になにが会津であったのかを、
勉強し直すべきです。
普通の感覚をお持ちの方で史実を知っていれば、
とても簡単には旧長州藩だった地域と交流を持ちたいとは言い出せないはずです。
また、菅家市長が前山内市長と同じ考えをお持ちかどうかはわかりませんが、
前山内市長は「行政レベルでの交流はあり得ない」と断言されております。
「匿名」氏がそんなに山口県と交流をしたいのであれば、会津若松市にそうしろ言う前に、
自分自身で交流されれば良いのではありませんか?
また、ご自分の意見が、あたかも若い方々全員の意見であるような書きぶりは、
何ら根拠に基づくものではなく、ご自分の思いこみとしか理解できませんので、
その点にについては訂正していただきたいものです。

投稿者: T.M

自民党 菅家 一郎 - TBS謝罪放送に対する市長コメント へのコメント

管家市長様
一連の報道を拝見致しました。私が思うところ、主な原因として糞尿問題という取り上げ方だとしたら、配慮が足りなかったと思います。が諸説をみるかぎり、一つの要因ではなかったかとも思います。市長様ぐらいでしたら、様々な文献、各研究家からのお話を総合的に解釈をすれば、ご理解できる件かと思います。何か感情論で考えすぎてませんか?排泄問題が籠城であるのは当然です。なぜ、それが愚弄にあたるのか、恥ずかしいのか、お聞きしたいです。私は会津が大好きです。でも、今回の件でイメージが悪くなってる部分もあるのではないでしょうか?今、一度、義の為に生きた会津人の寛大さをお見せください。死んだ人間の代弁者は市長と言えど出来ません。市民の為?おごらないで下さい

投稿者: 白虎隊

自民党 菅家 一郎 - (株)東京放送のお詫びについて へのコメント

菅家市長、はじめまして。

自分は北辺の地、北海道札幌市に住む会津人です。

今回の件は腹立たしいを通り越して正直呆れはてました。

クイズバラエティ番組とは言え、事実を捻じ曲げてまで面白おかしくする必要があるのかと。

むしろ楽しく知識を身につける「教養番組」であるクイズ番組だからこそ事実に忠実でなければならないと思いました。

明らかにマスメディアとして問題のある行為をしたTBSに対して敢然と抗議された市長の行動に拍手喝采しました。

謝罪放送は予想をはるかに裏切る字幕だけを流して謝罪文を読み上げるだけのそれこそ「小学生にでも出来る」実に簡単なもので憤怒を通り越して落胆しました。

市長はじめ会津若松市民の皆様も恐らくあの放送に誠意を感じた人は少なかったのではと思います。

これからもちゃんとした謝罪を求める活動をと、言いたいところですが、菅野様のように会津若松のイメージが悪くなる事を懸念される方や市街の方々で快く思わない人たちの悪感情を助長するだけなので、そこで自分から提案があります。

TBSに事実に基づいた戊辰戦争・会津戦争の悲劇を紹介する番組を作らせ、例のクイズ番組が放映された時間帯に放映する事を求めてはいかがでしょうか。

もちろん会津若松市全面協力で(間違った内容にしない、させないためにも。

番組の中での謝罪文は「一応」先日の放送で読み上げているので必要ないと思います。腹が立つだけですし。

番組で与えた損害は番組をもって償うのもマスコミが出来る謝罪の方法だと思うのです。

なにとぞ御一考を。

投稿者: 北の会津人

自民党 菅家 一郎 - TBS謝罪放送の内容 へのコメント

謝罪放送が平日の真昼であるということもあり、観る事が出来ませんでしたが、謝罪の姿勢は一定の評価をする方が多かったようですね。

今回の件については、以前にコメントがあった「子孫なのかどうか」ということは、まず論外の事ですし、この際歴史の真実がどうかなんていうことも、大して問題ではないと思います。書物内で得られるものは、その時代に生きていたわけでもない私たちには、真実だと証明できませんし、開城した本当の理由なんて言うのは、容保公にしか判らない事だと思いますから。

ただ鶴ヶ城は会津の誇る、最大の美です。
TBSの放送によって、その美しさをイメージダウンさせてしまったことに対して、謝罪して頂くことが出来ればと思っていました。

この一件はひとまずの解決、と見るべきなんでしょうか。

投稿者: 一葉

自民党 菅家 一郎 - TBS謝罪放送に対する市長コメント へのコメント

TBSが「糞尿が原因」だったとしたことは何の根拠もなく歴史的事実に反することです。ところがTBSの謝罪内容はこの点を認めずに「糞尿が開城の一つの原因」として歴史的事実に反する主張を再び行う内容になっています。これは社会に対して重大な責任を負う報道機関のすることではありません。こんな謝罪内容に私は全く納得がいきません。

投稿者: 順風満帆

自民党 菅家 一郎 - (株)東京放送のお詫びについて へのコメント

いつも、ブログを拝見しております。
会津若松市民でございます。
私も少し騒ぎ過ぎではないかと思います。
騒ぎすぎて逆に、
会津若松のイメージがよくならないのではと
家族で話し合い
気が気でなく初めてコメントさせて頂きました。
もっと、いいところが会津若松にはございます。
ぜひ、その辺りをアピールして頂きたいです。
一市民としてよろしくお願いいたします。

投稿者: 菅野美代子

自民党 菅家 一郎 - TBS謝罪放送の内容 へのコメント

謝罪放送を見ました。
その事については何も異論はありません。

ただ多くの掲示板等でこの話が出る度に、戊辰戦争や現在の福島と山口の関係についての論争になっています。
2ちゃんねるでは福島恨文化・福島恨人とまで言われています。

そこでお願いなのですが、山口県との交流をもっと持ってください。
戊辰戦争が終わってから既に140年が経過しています。
山口県出身と聞いても偏見や嫌悪感を持たない県民・市民も大勢います。
特に今の10代、20代の方々には憎しみの感情なんて全くないと思います。
私もそうです。
ましてや初対面の山口県民の方に、140年も前の戊辰戦争の話を持ち出す事なんて絶対にしません。
何故そういう人達まで一つにくくられ、「福島人は未だに長州を憎んでいる」と誤解されなければならないのでしょうか?
とても悲しいです。
市や地域振興関係の方々には、もう少し前向きな姿勢を取っていただきたいです。

投稿者: 匿名

政治家専門ブログ 国政版

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election