"ele-log(エレログ)" 選挙情報専門サイトElection.がお送りする政治家ブログ

URL

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。

最新コメント一覧

三浦博史 - 傲慢さ極まる小沢幹事長 へのコメント

民主党・小沢代表への不正献金で西松建設の社長を逮捕したら、
偶然にもその日、当時の実務責任者であった西松の元専務が自宅で病死

3日後、西松不正献金の重要参考人としてマークされ、
東京地検からの聴取も受けていた長野知事の元秘書が、
偶然にも、道端の電柱に首を吊るという不自然な方法で自殺
遺書はなかった。

その後、小沢氏と西松の癒着問題を参院で指摘した元議員が、
偶然にも、ソウルにて心臓発作で死亡

民主岩手支部への家宅捜査が開始された翌日
偶然にも、新生党時代から小沢氏と行動を共にしてきた
小沢氏の側近議員の事務所で火災が発生
この火事で重要書類やPCのデータは全焼

火災の第一通報者は民主党員の秘書だったが
偶然にも、複数の報道機関が「第一通報者は通行人」と誤って報道

偶然にも、複数の報道機関は
渦中の人である小沢氏の側近議員である藤井裕久衆議員の事務所に
火災があったことには一切触れず
隣接する村賢太郎県議の事務所に火災があったと報道
(確かに隣の事務所も燃えているので嘘ではない)

これだけの不幸が続くこの事件は、やはり呪われているのかもしれない 

恐ろしや〜

投稿者: あるまじろ

米山 隆一 - 舛添元厚労大臣との勉強会 へのコメント

TBSのThe News拝見しました。
凛としてお元気そうな米山さんの姿を拝見して、余りにも嬉しかったので、予定外の臨時勉強&食事会になりました。
みんなに内容を教えてあげようと思っていたら、みんなしっかり見ていたそうです!(笑)

ノリ君の家には米山さんのポスターやウチワ?が飾ってあるのでいつも米山さんに会っている気分でしたが、画面の米山さんはやっぱり素敵でした!
生でいっぱいお話を聞けた夏を思い出しながら、「米山さんの講演会があったら絶対『みんなで行うZE!』だよね」って盛り上がりました。

テレビではありますが、今日は米山さんの笑顔に会えてとても嬉しかったです!
長岡でもいよいよ雪ですが、熱いハートでの御活躍祈っています。

投稿者: 長岡市民(ノリの由美子)

米山 隆一 - 政権構想会議 へのコメント

日経ビジネス12月14日号の16ページに政権構想会議の写真が掲載されていました。
米山さんがバッチリ写っていましたよ!

投稿者: 技大生

米山 隆一 - 普天間とガス田 へのコメント

既に政権末期を思わせる、政府内外の選挙屋と政局屋達の好き勝手な世迷い言の不協和音を毎日聞いていて感じました。

「政権交代がゴール」だった人々の政権は、出来た瞬間から未来像の無い「死に体」だった訳です。
参加する事に異議と疑義がある泡沫余党(少数与党とは違うで!)と一緒に国益や国民生活壊しながら「権力維持の為のシステム構築」だけを進めています。

明日、初会合の「舛添政治塾」に期待しています。
自民党の「良識と元気」をいっぱい発信して下さい。

投稿者: 長岡市民(ノリ)

米山 隆一 - 普天間とガス田 へのコメント

【写真についての私の感想】

もし本当の心霊写真なら、これは足の大きさから見て三条市が生んだ偉大なジャイアント馬場さんで、16文キックで米山先生を守ってくださっているのではないでしょうか。

私には何か木の置物のように見えますが・・・。写真の写真ではぼんやりしすぎていてちょっと分からないですね~。

とにかく本物の心霊写真というからには顔がはっきり映っていないとインパクトがイマイチだと思います。どうせなら背後に田中角栄先生が「ヨッ、米山君!!」って右手挙げて映っている写真なら最高かもです(だったら嬉しい!?)。

以上、どうも失礼しました。


投稿者: 消雪pipe

米山 隆一 - 普天間とガス田 へのコメント

先日、小沢は難問山積の中、600名を連れコキントウと握手し、満面の笑みを浮かべていました。鳩山は国家元首でもない習近平と天皇をルールを破り会見させようとしています。また、訪朝をするとまで言い出しました。
【その3】
それであなた方が自ら議員辞職することにより「民主党と特捜」に圧力をかけ、国民の覚醒、奮起を促すのです。あなた達と奴らが同種事案というのも好都合です。これがきっかけとなり、国民運動が起こりこの二人の追放運動が起こり政界から追放するのです。廃藩置県的にいえば「議員が議員を政界から追放」するのです。
あなた達の決断により、これで日本は危機を脱する事ができるのではと思います。あなた方が自らこの道を選び、先人に続いてほしいのです。どうか、歴史に学んでください。そして、祖国の危機を救ってください。神風特別攻撃隊の軍神達がおられますが、これは余りに崇高で、ここでは差し控えました。
そうすれば、必ず早期の政界復帰の機会も生まれると思います。
日本の危機を救うため決断される事を切にお願いします。

【コメントを読みましたが、あなたは情報宣伝戦というのを勉強しましたか?彼の国の情報宣伝戦は巧妙でしたたかです、日本人には理解できません。民主党政権誕生後の9月10日桜井よし子さんが講演され日本は「有事=戦争状態だと言われました。彼女は自ら国家基本戦略所を作り研究しています。私は南京事件を10年ほど研究し、その成果を元にこうして警告をしています。小沢の訪中、鳩山の周近平と天皇の会見のルール破りの許可。外国人参政権法案の上程、千葉景子の法相起用、人権擁護法案、反米親中の東アジア共同体構想、、またNHKを含むマスコミの偏向報道等これらを総括的に考えなければいけません。気づいた時は遅いというのが情報戦の怖さです。チベットもこれでやられました。日本人はこれに無知です。国民への啓蒙よろしくお願いします】


投稿者: 花鳥風月

米山 隆一 - 普天間とガス田 へのコメント

【その2】
今、わが国は元寇以来の未曾有の危機にあります。これをあなた方二人が辞職する事により救えるチャンスが生まれます。今日本の癌は「鳩山と小沢」です。鳩山は脱税をやり、国民のみならず、同盟国米国への裏切り、騙しました。また、決断もできず一国の総理など言語道断の人材と解りました。小沢は独裁者の性格をむき出しとなり、権力と金、利権を一手に握り、国会運営でも法を無視した行為を平気でやるようになりました。この二人を何としても政界から早期に追放する事が喫緊の課題です。本来これは特捜の役目ですが、腑抜けばかりでさっぱり埒があきません。鳩山政権と同じです。

投稿者: 花鳥風月

米山 隆一 - 普天間とガス田 へのコメント

「二階俊博議員、鳩山邦夫議員、我が国の歴史に学び議員辞職して下さい。そしてこの国の危機を救ってください」

【その1】
鳩山議員、二階議員あなた方が学ぶべき歴史は「廃藩置県」です。
欧米による世界侵略が始まったのは15世紀末からでした。日本がその脅威を感じたのは清がイギリスにアヘン戦争で負けた1842年で明治維新の26年前になります。それから、欧米に危機感をもった薩長土肥を中心に尊王攘夷運動が高まりました。さらに1853年にはアメリカの黒船が日本に来て、砲艦外交で脅されました。これから紆余曲折はありましたが、多くの苦難を乗り越え1867年大政奉還となり、翌年、明治新政府が出来ました。しかし、新政府は諸藩の連合体で不安定でした。このため指導者達は藩を一挙に廃止し、天皇の名のもとに「廃藩置県」を断行し、中央集権制の下で軍事と徴税とが新政府のものとなり政権は安定しました。しかし、武士は犠牲となり失業しました。これは、言葉を換えれば「武士が武士を失業させたのです」。武士の自己犠牲により、この国は近代国家への道を踏み出せたのです。この「自己犠牲による他者の救済」こそが我が国の精神の真髄です。両議員にはこれを見習って議員辞職して欲しいのです。

投稿者: 花鳥風月

米山 隆一 - 普天間とガス田 へのコメント

写真はこれです。
http://t.pic.to/11q76u

投稿者: 長岡市川西民

米山 隆一 - 普天間とガス田 へのコメント

アラフォーさん、コメント有り難うございます。グアムへの一部撤退は計画通りですが、全面撤退は流石にこの地域のパワーバランスを壊すでしょうね・・・。そうなってはいけないと言うことを連立与党の皆さんには認識していただきたいと思います。

しげさん、コメント有り難うございます。その予想は当たりかねないですが、それは絶対に避けていただかなければなりません。

風鳥花月さん、コメント有り難うございます。どうでしょうね、マスコミが民主党よりなのは、実のところ風鳥花月さん自身が後のコメントでおっしゃっている通り自民党の体たらくがもっとも影響しているのかもしれません。期待を担える自民党に是非変わっていきたいと思います。

長岡市民(ノリの由美子)さん、コメント有り難うございます。先ず持ってこの愛にあふれたニックネームが素晴らしいです。おっしゃるとおり、社民党と国民新党、完全に現実無視という感じで極めて困りものです。それを抑えることが出来るはずの民主党が全く指導力を発揮できていないのが更に困りものです。それに対抗すべき自民党が対抗できていないのがもっと大きな問題かもしれないのですが・・・。日本の未来のために頑張ります。

長岡川西民さん、コメント有り難うございます。どの写真ですか?でも窓際ならそれは、前にいる人の足が写っているだけでは?と思います(笑)。

ランランさん、コメント有り難うございます。自民党の立て直し、これこそ本当の急務です。民主党の批判は簡単ですが、身内の自民党の立て直しに成功しなければそれは絵に描いた餅で終わります。難しい立場ではあるのですが、頑張ります。

投稿者: 米山 隆一

政治家専門ブログ 国政版

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election