"ele-log(エレログ)" 選挙情報専門サイトElection.がお送りする政治家ブログ

URL

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。

最新コメント一覧

米山 隆一 - 川口順子 参議員環境委員会 委員長解任 ~野党の未熟、与党の未熟~ へのコメント

いちろうさん

コメント、ありがとうございます。

お言葉ですが、それは「少々矛盾しているのではないでしょうか。」と思います。

もし「中国は相手にしなくてよい。」というのなら、そもそも川口元外務大臣を、国会会期中に中国に送る理由はありません。他ならぬ自民党自身が、「中国と何とかしなければならない。」と思ったからこそ、川口元外務大臣を外遊させたのですし、本件が起こってからも、「国益にかなう行為だった!」とおっしゃられているわけです。
そしてもし、川口元外務大臣を中国に送った行為が国益にかなうというのなら、そうしなければならない原因を作った、重要閣僚の靖国参拝と挑発的言辞は、「国益にかなわないものだ」ということになります。

我が維新の会をはじめとした野党がどっちつかずなのは否定できませんが、自民党もその実相当にどっちつかずで、「解任」が妥当であったかどうかはさておき、自分で騒動を起こして自分でその火消しに奔走し、結果国会を軽視した責めは、受けるべきものと思います。

尚おっしゃる通り、今日本は国内に最優先で解決すべき重要諸問題が山積しています(その中には、安倍総理が「必要ない」と答弁された「年金制度の抜本改革」も当然入ります)。外交において、自分で騒動を起こして自分で火消しに回るようなほとんど得るものがない行為は慎んでいただきたいものだと、私は僭越ながら思っています。

投稿者: 米山隆一

米山 隆一 - 川口順子 参議員環境委員会 委員長解任 ~野党の未熟、与党の未熟~ へのコメント

今回、これはこれで良かったんじゃ無いかと思いますがね。
元々中国とは話し合いなんかしても無駄だと言うことがわかっていたわけだし、
以前一部の野党の方が「中国、韓国を最優先にせよ」とおっしゃっていました

それが、今回「中国高官と会談すると野党に文句を言われる」という事例ができたので、
何かあっても中国は後回しにできるわけですし


実際問題、安倍政権というのはまず景気回復最優先で政策を実施する必要があり、
中国や韓国にあまりかまっている時間が無いはずで
少なくとも、「中国は後回しにしても良い」という与野党のコンセンサスがとれたわけです(本当はこれって屁理屈ですが、中国を相手にしなくてすむ口実にはできますよね)

まずは安倍首相には国内の問題をとにかく最優先で片付けてほしい物です

投稿者: いちろう

米山 隆一 - 東京裁判 -リーダーの矜恃- へのコメント

阿部伸一さん、コメントありがとうございます。

実は私も小学生のころ、バリバリの共産党の先生から、「日本性悪説史観」的な授業を受けました。時代だったのかもしれませんね。

ちなみに自民党時代ですが、選挙活動でさる町内会のお花見にお邪魔したら、なんとこの先生がおられて、相変わらず「おれ教え子が自民党から立候補するとは…。教育が間違っていた…。」とおっしゃられていました(笑)。

いずれにせよご期待に沿えるよう、全力で頑張ります!

投稿者: 米山隆一

米山 隆一 - 御縁 へのコメント

あゆさん、コメントありがとうございます。

街頭、頑張ってます。国会質問、頑張れるように頑張ります(笑)。

投稿者: 米山隆一

米山 隆一 - 御縁 へのコメント

今日の街頭演説、明日は国会質問。応援しています。

投稿者: あゆ

米山 隆一 - 東京裁判 -リーダーの矜恃- へのコメント

コメントをいただきありがとうございます。
私の書き込みに対するコメントであるとともに、米山さんのリーダー論の一端をお示しいただきました。
さらに、そのようなリーダーとしての覚悟を米山さんがお持ちなんだということも確認させていただき、心強く思います。

米山さんのブログの読者様ですから、こんなことを書くまでも無いと思いますが、念のために添えさせていただきます。
「東京裁判の是非」と「日本を戦争に導いた当時の日本のリーダーの責任(日本国民に対する責任)」は分けて考えるべきだと思います。

従軍慰安婦問題に関する、米山さんの記事を拝見しました。
私も小学校3・4年の時の担任は共産党の教師(丸山久〇さん)で、「日本軍と日本国は悪者であり、日の丸はその象徴だから、祝日でも日の丸を揚げてはいけません。」というような話をよく聞かされました。
そうした反日教育に抗するためにも、一日本国民として東京裁判に関する基本的なことくらいは知っておきたいと思っています。

その点からも、東京裁判の是非については、米山さんがひとまずおいたところもきちんと認識しておかなければいけないと思いますので、念のため・・・。

先ず、南京大虐殺と東京裁判は連動していますが、日本軍の蛮行と悪い国日本を捏造するためのヤラセだと思います。

それから、裁判が事後法の遡及的適用であったことや、裁く側が全て戦勝国が任命した人物であったことや、戦勝国側の行為はすべて不問だったことなどから、「勝者の裁き」であり不当です。


一方で、『「日本を戦争に導いた当時の日本のリーダーに、責任はあるのかないのか?」と問われたら、私は、「重い責任がある」と断言します。』は全くその通りだと思います。

政治屋なら別ですが、米山さんなら政治家になどならず医師や弁護士として活躍するほうが楽だと思います。
それでも「十字架を一生背負って生きていく覚悟」までして政治家を目指すというのですから・・・、敬服しました。
是非頑張っていただきたいと思います。

自民党が好きなわけではありませんが、経済や対外的なことなども考えれば、少し日本が落ち着くまでねじれているのは良くないと思います。
有権者としては悩ましい所です。
米山君と塚田君の席替えがあればいいのに・・・(笑)。

いずれにしても、新潟県選挙区からは米山さんと塚田が選出されることを期待していますし、そうなると思っています。

小沢と一緒に泥船民主党を抜け出して、党名を変えたり他の党とくっついたり離れたりして誤魔化して、それでもやはり自分たちの議員生活が第一だという者など論外です(きっぱり!)。

投稿者: 阿部伸一

米山 隆一 - 新潟市自転車デビュー へのコメント

あゆみさん、コメントありがとうございます。

今日で新潟市4日目ですが、声援も徐々に増えて、大分ホーム感が出てきました(笑)。

頑張ります!

投稿者: 米山隆一

米山 隆一 - 雪のち桜、その後ツートン へのコメント

橋下ファンさん、コメントありがとうございます。

選挙、ぜひお越しください。新潟市の事務所は、

新潟市中央区出来島9-8に決まりました。長岡、上越は来週中に決まりますので、決まり次第ご連絡いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者: 米山隆一

米山 隆一 - 靖国参拝と医療訴訟 ~被害者と加害者の永遠~ へのコメント

阿部さん

コメント、ありがとうございます。応援うれしいです。選挙、頑張ります。

なおお返事が長くなりましたので、稿をわけて「東京裁判 ‐リーダーの矜恃-」で論じさせていただいております。ご参照いただけると幸いです。

投稿者: 米山隆一

米山 隆一 - 靖国参拝と医療訴訟 ~被害者と加害者の永遠~ へのコメント

コメント、失礼します。

麻生太郎は言葉を選ぶべきだったというのはその通りだと思います。

弁護士・医師の立場からのお考えをお書きの中間部もその通りかと思います。

ただ、「日本と中国・韓国の関係も、これに似ていると私は思います。」には賛同できません。
もちろん、米山さんは分かった上でお書きのことでしょうが、読んだ人が勘違いをする可能性があるのではないかと・・・。

「かつての日本の行為」という言葉を目にした時、「米国が言うように(東京裁判)、中国が言うように(南京大虐殺)、韓国が言うように(従軍慰安婦)、日本は侵略戦争を行って悪事の限りを尽くしたのだ。」と思っている人がいるわけですから、その誤解を解いてからでないと、良く使われるその言葉は危ういと思います。
驚くことに、私の知人(若造ではありません)などでもそう思っている人がいます。
しかし、東京・南京・従軍は、日本を陥れるための三大偽造工作だと言っても過言ではないと思います。

それから「被害者と加害者の間に横たわる溝を乗り越えることを可能にするのは相手に対する思いやりである。」というのも、今までの中国や韓国とのかかわりを見れば疑問です。
日本国は思いやりを示してきたのではないでしょうか?。一方で韓国や中国はどうだったでしょうか?。
彼の国は今でも反日教育をしているというような記事を目にすることがありますがどうなんでしょう?。彼の国の人々の反応を見ていると、しているんだと想像します。

そのような彼の国に対しては、相手に対する思いやりを示す一方(むしろその前)で、偽造工作を止めてもらわなければなりません。
そうでなければ、今までと同様に、思いやりを示した分だけ付け込まれると思います。

もちろん彼の国に限りませんが、理不尽は飲み下してはいけないと思います。

選挙、頑張ってください。
私も、「民主党か維新か」、「生活の党か維新か」と問われれば維新(石原派)です。
森か米山かと問われれば米山です。

投稿者: 阿部伸一

政治家専門ブログ 国政版

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election