"ele-log(エレログ)" 選挙情報専門サイトElection.がお送りする政治家ブログ

URL

携帯電話のバーコードリーダー等で読み込んでください。

最新コメント一覧

米山 隆一 - 小沢問題のオセロゲーム へのコメント

今回の、ここまでの小沢問題は、今までに何度もあった展開と同じですよね。
つまり、「政治家をかばって、秘書は逮捕・起訴あるいは自殺。」という構図です。
傍目で見ていると、気の毒であると同時にお人好し以外ではない・・・。

そういったことは、言うまでも無く自民党側に多かったわけですが、小沢は自民党にいる時も新進・自由・民主党でも同じようなものですね。
小沢を擁護する鈴木宗男も、自民党であろうが新党大地(別名「新党ハゲ」らしい)であろうが同じようなものですね。
与党にいれば様々な誘惑が多いのでしょうが、彼等を見ていると、それにつけても、つまるところ政治家個人の思想・倫理観なんだと思いますね。

小沢が政治資金規正法違反での起訴は免れたとはいえ、例えば「新札に換えてあげるために知人の4億円を預かった」というような、小沢がやっていることとその説明は、社会通念上は到底納得できるものではありません。
「何か不正があるのではないか?」と思うのが一般的な感覚だと思いますね。
したがって、今後も、別角度からの捜査や国会での追及を期待したいと思います。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、この問題の展開が自民党にとって有利なのか不利なのかと言えば、米山さんが後半でお書きのとおりだと思います。

一方で、以前のコメントでも書かせて頂きましたが、自民党側の姿勢として「民主党が失態を演じれば、また自民党に出番が回ってくる。」といった発想では、この国が良くなるとは思えません。

繰り返しますが、「下野を機会に自らを反省し、国民の声に耳を傾ける。」のが自民党の再スタートの一歩だと思います。

無党派層は贔屓はしませんから、「民主党はやはりダメだったけれど、自民党も相変わらず腐ったままだ。」ということになれば、投票に行かないでしょうね。
それは政治不信であり、それを歓迎するのは、様々な「反日」の勢力でしょうね。

そうならないためにも、そういった無党派層に、(媚を売ることなく)関心を持ってもらわねば・・・。

ところで、前回の衆議院選の米山さんのポスターですが、最初の頃見たものは「怪しい人」にしか見えませんでした(失礼)。
それに気付いたのか、遅ればせながらそういった進言があったのか、途中で笑顔のものに替えましたね。
ポスターって、けっこうインパクトがありますので、次回は最初からより良いものを作ったほうが良いと思います。

投稿者: 阿部伸一

三浦博史 - 民主と自民、再起動チキンレース! へのコメント

いつもお世話になっています。
小沢幹事長不起訴のニュースが流れました。
どうなるんでしょうか?
マスコミでは「民主党に裏切られた。」と世論
を煽っていますが、僕はそうは思いません。
国民のみなさん(僕も国民のひとりですが)は
もっと求めておられるところは違うところに
あるように思えてなりません。
昨年夏の衆議院選挙による「政権交代」は
まさしく国民・有権者の力に他ならない。
と思います。
もし、自民党に反省だけを迫るのであれば、
これ程までに大きな差はでなかったのではないか
と思います。
政治とは「期待感」と言う言葉は生きていると
思います。
人の気持ちは、面白おかしさだけで変わっていく
ことばかりではないと思います。
急に変わった。急に「政権交代」が起きたわけ
ではありません。
僕自身も平成8年より、脱自民の立場をとって
きました。
それは、やはり自民政権の限界を感じたからです。
国民のみなさんが求める本当の政治のあり方は
どこにあるのでしょうか?
地方議会・地方自治体行政にも同じことが言える
と思います。
住民目線とはなにか?
住民の求めるものはどこにあるのか?
国民目線とはなにか?
国民の求めるものはどこにあるのか?
国民のみなさんは「政治とかね」よりも、生活や
景気回復に対して本当の求めるところがあると
思います。
企業癒着は確かに許しがたいことではありますが
、国民は本当のところ関心は薄いのではないか?
そこに税金の無駄使いがあれば許し固い話しでは
ありますが、この国がどうなっていくのか?
国民目線はしっかりと見ていると思います。
いろいろな議論はありますが、「政治とかね」で
は司直によって判断され、国会では景気回復等を
本来議論して頂かなければならないのではないで
しょうか!!
この国の将来・未来をしっかりと時間をかけて
議論して頂きたいと思うのは僕だけでしょうか。
本質を忘れては本末転倒となるのではないでしょ
うか。

投稿者: 吉野町議会議員 辻本茂

米山 隆一 - 外国人参政権 へのコメント

早く元気な顔になって下さい。私たちは貴方様から元気をもらいたいのです。にこやかに闘志満々のお顔が似合います。しょぼくれたお顔はただでさえ不景気なのにもっと気が滅入ります。早く気持ちを切り替えてください。

投稿者: 春が来る

米山 隆一 - 外国人参政権 へのコメント

米山さん、早くにこやかな闘志の漲った顔になってください。そうすれば私たちは貴方様から元気をもらえます。よし!がんばろう!と思えます。しょぼくれた顔ではただでさえ不景気なのに益々気持ちが落ち込みます。お待ちしています。元気なお顔を。

投稿者: 春が来る

米山 隆一 - 外国人参政権 へのコメント

米山さん、元気のない顔は似合いません。闘志満々のにこやかな顔をしていてくださればこそ私たちは貴方様から元気をもらえます。しょぼくれたお顔ではただでさえ不景気なのに益々気持ちが落ち込みます。気持ちをきりかえて元気を出して下さい。

投稿者: 春が来る

米山 隆一 - 小沢幹事長元秘書逮捕 へのコメント

舛添政治カレッジの座り位置からして、「ひょっとして米山さんが新潟5区を離れて舛添先生の手元に行かれたのかなぁ!?」って、みんな(特にお姉様達!)が心配しています。

名護市長選挙、自民党党大会、施政方針演説、アメリカの台湾への武器売却など…いろいろな場面での米山さんの所感を期待していたんですが…。

もしかしたら藤川さんの所へ行っておられる!?とか…♪(それなら私は心配しません!お姉様達は心配すると思いますけどね?)
でも、個人的には楚として凛とした稲田朋美先生タイプの女性の方がお似合いだと確信してます!

どうも小沢さん個人の問題のドサクサに紛れて、「子供手当て全額は無理っぽい」と財務副大臣達が予防線を張り始めました。
大きな騒ぎの間にマニフェストを上手に破る布石は次々と打たれています。

誰もが出来る「非難だけ」ではなく、なかなか難しい「我々(敢えて自民党とは言いません)ならばこうする!!」次の「具体的な一手」を考慮中でお忙しいだけなんだ!って、勝手に思っております。

投稿者: 長岡市民(ノリ)

米山 隆一 - 外国人参政権 へのコメント

友人と鳩山首相達の演説を見ました。

理系内閣を自負しているのに、抽象的で情緒的な「言葉の流しそうめん」のようで…具体的な内容が何一つ無いままに終わってしまったので未だにキョトン状態です…。

先日の川口順子先生の実に理路整然明快な弁論とは正確に正反対に、「具体性皆無の宇宙人の浪花節?ラップ?」には、かなり高度な翻訳が必要なようです。

彼等には「はい、いいえ」で答えられる質問を用意しないと、具体的な答え(未来像)を示せないのではないでしょうか!?

投稿者: 長岡市民(由美子)

米山 隆一 - 外国人参政権 へのコメント

「永住外国人の地方参政権付与」に絶対に反対です。

千葉県市川市市議会では「反対する意見書採択を求めた陳情」を本会議で棄却したそうですが、民団の圧力を受けた(一部の)自民・公明の市議が棄却に動き回ったとの事です。
(「民団新聞」に民団側・議員の個人名が詳しく述べられているようです。)


地方参政権付与の是非以前に、外国籍者の団体が既に地方議会に不当な圧力をかけ、不当に介入している…という訳です。

「日本国民の民意」は斟酌しないで、「民団の民意」が民主党の云う「民意」なのでしょう。(失笑)

この問題は国民投票か、政党・個人が立場を明確にした上での総選挙に委ねるべきだと思います。

何だか、市川市が他人ごとな思えないんですよね…正直なところ。

投稿者: 長岡市民(ノリ)

米山 隆一 - 外国人参政権 へのコメント

テレビで見ました。                                            市議の地元の有権者らしきおばあちゃんがインタビューに答えて、「いくらきれいたって、政治はまかせらんねえ。」って。                                       僕は杉村元議員の二の舞みたいになるのが怖いんです。ネタを探しまわるマスコミのインタビューに調子に乗って答えて有権者の大ひんしゅくを買い、結果的には、掛け持ちして女性と食事してただの、子供を置き去りにして奥さんと出かけただの、もうどうでもいいうんざりするような記事で、マスコミのおもちゃというか三流雑誌の餌食というか。             自民党には、日本の2大政党を担ってもらうべく、正攻法で再生してもらいたいと思うんです。

投稿者: 南魚沼っ子

米山 隆一 - 外国人参政権 へのコメント

永住外国人地方参政権を明確に語れる米山さんに共感します。

正直、学生時代に東京で仲良くしていた在日二世、三世の友人の個別の苦悩を知らない訳ではないのです。
しかし、だからこそ、私達日本人が個々に自分の「国」や「国民」をしっかり考えて定義しないと、軽々に語れない事だと思うのです。


個別には、それぞれのドラマチックな、象徴的な「不公平感」を感じます。
しかし、原則的な合意が形成される過程には、「雄弁でドラマチックな少数」よりも「もの言わぬ多数(サイレントマジョリティー)」が納得するものでないと、結局お互いが不幸な帰結になります。

選挙の公約から外して、後から「錦の御旗」だの「公約(国民以外の誰との公約?)だから」…などと、政治屋が軽々しく語ってはいけないって思います。

与党の一幹事長が当該国に軽々に約束したり、それに何も意見を言えない議員しか居ない民主党のどこが国民目線なんだか…(笑)。

すべての党、議員が明確に意思表明をしたうえで、国民に判断を委ねるのがあるべき唯一の道だと信じております。

投稿者: 長岡市民(由美子)

政治家専門ブログ 国政版

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election