ニュースの感想

事業仕分第二弾スタート

  • 三浦博史
  • at 2010/4/23 10:23:26

民主党の目玉である「事業仕分」第二弾が今日から始まります。今までやりたい放題だった法人は戦々恐々の気分でしょう。真面目にやっているところも少なからずあると思いますが、従前は国民目線ではノーチェック状態だったため、この作業はそれなりの効果があると思います。

しかし、私は敢えて下記の点の疑問を呈したいと思います。

1.なぜ数値目標がないのか
自信のなさの表れなのか、仕分作業後の評価をされるのがイヤなのかわかりませんが、“ムダ減らし”の数値目標が設定されていないのは理解できません。

2.仕分人(民間有識者)の選定が不明確
行政刷新会議のサイトには、仕分人(民間有識者)の選定基準が下記のように示されています。
・独立行政法人や公益法人の仕組み・実態・問題等に知見を有する者
・予算の実際の使われ方など予算執行の現場に知見を有する者
・事業仕分けの経験を有する者
・行政全般、個別の行政分野の在り方等に識見を有する者
しかし、こんな基準ではごまかされません。仕分人を公募するとか、選定のプロセスを公表するとかしなければ、密室で、なおかつ民主党有力議員の“お友達”を選定していると思われても仕方がないでしょう。仕分人の仕分けをもっとガラス張りにすべきです。

3.仕分対象の選定が不透明
今回、全104法人のうち10府省が所管する47法人、151事業を扱うとしていますが、そもそも残り57法人はどのような理由で今回の対象から外れたのでしょうか? こうしたことも“公開処刑的ネット中継”で仕分作業を行っていくのであれば、仕分けする側の公明正大(フェア)さをもっと明確にすべきです。

“選挙向けのパフォーマンスの一つ”と言われないためにも、民主主義の大切な要素である「プロセス」をもっと大切にしてほしいものです。

「普天間基地問題」もそうですが、為政者の決定以上に、国民・地域住民のコンセンサスを得る、説明責任をもっときちんと果たしてほしいと思います。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.election.ne.jp/tb.cgi/82833

コメントを書く

  • 全てを引用

コメント

この絵に表示されている文字列を入力してください (半角で4文字です)
※ このコメントは一度チェックを通しますのですぐに反映されません。

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election

※本欄は広告であり責任は広告主に帰属し、当サイトが推奨するものではありません。

KOIKOI |  女性の住まいさがし |  ニッキーズ Project |  美容師を目指そう |  WEBディレ |  葬儀マナー百科