ニュースの感想

閣内不一致

  • 三浦博史
  • at 2011/7/28 09:41:16
自民党政権時代は、ちょっとでも大臣が総理=内閣とベクトルが異なる発言をすると、閣内不一致を問われ、辞任していたものです。例え、その発言が正論だったとしても(多くの場合、事実正論が多かった)、内閣に迷惑をかけない、が常識でした。菅内閣では仙石官房副長官をはじめ、堂々と菅総理を閣内から批判しています。閣内にいて批判すること自体、おかしな話で、菅が嫌なら、菅内閣から退いて、自由な発言をすればいいのです。少なくとも来年改選を控えたアメリカのオバマ政権は、人気が急降下したとはいえ、現役閣僚の不一致はみられません。閣外に出て批判すればいいのです。なでしこジャパンのチームワークをもっと見習うべきでしょう。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.election.ne.jp/tb.cgi/87286

コメントを書く

  • 全てを引用

コメント

この絵に表示されている文字列を入力してください (半角で4文字です)
※ このコメントは一度チェックを通しますのですぐに反映されません。

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election

※本欄は広告であり責任は広告主に帰属し、当サイトが推奨するものではありません。

KOIKOI |  女性の住まいさがし |  ニッキーズ Project |  美容師を目指そう |  WEBディレ |  葬儀マナー百科