街宣で連呼をしても大丈夫か?

  • 三浦博史
  • at 2011/4/19 17:22:59

今、多くの方々から「拡声器を使った選挙運動をしても大丈夫だろうか?」といった質問をいただきます。そこで、今回は私なりの“机上論”としての意見を申し上げます。

やはり被災地近県は自粛気味の街宣活動が好ましいでしょう。しかし、東京・埼玉、ましてや神奈川以西になってくると状況は変わってくると思います。

候補者の人間性や考え方によって、“自粛”は全国どこでもありでしょうが、基本的に、新人・挑戦者は地方選において街宣活動なくして知名度を向上させることは難しいのが実情です。ましてや統一地方選(特に後半戦)は、平時であってもあまり新聞やテレビなどが取り上げません。

したがって、多くの有権者の判断材料は、選挙ポスターや選挙公報等のウェイトが大きくなってきます。従来型の電話作戦もあまり効果的とは思えませんし、選挙ハガキも同様です。やはり、一番効果的なのは、有権者の前に露出することです。

選車で街中を走り回り、連呼する選挙運動をするかどうかについては、他陣営や地域の事情等をよく見極めた上で、判断されることをお勧めします。但し、あくまでも原則としてですが、選挙が実施される限り、選挙運動はちゃんとやるべきです。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.election.ne.jp/tb.cgi/86579

コメントを書く

  • 全てを引用

コメント

この絵に表示されている文字列を入力してください (半角で4文字です)
※ このコメントは一度チェックを通しますのですぐに反映されません。

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election

※本欄は広告であり責任は広告主に帰属し、当サイトが推奨するものではありません。

KOIKOI |  女性の住まいさがし |  ニッキーズ Project |  美容師を目指そう |  WEBディレ |  葬儀マナー百科