いよいよ明後日が投票日

  • 三浦博史
  • at 2009/8/28 15:18:15

最近のマスコミ記事には従前(2005年以前)と比べ大きな変化が見られます。

それは、選挙期間中も週刊誌、夕刊紙等はこぞって連日のように当落予測を掲載するようになったことです。数年前までは選挙期間に入るとこうした予測記事は全くありませんでした。

これは一種の人気投票の一環として公選法にも抵触する恐れがあったからとも思われます。私も公示日のスポーツ報知や、今回、公示期間中に初めてサンデー毎日で予測記事を書きましたが、時代は変わったものだとつくづく思います。

こうした当落予測のアナウンス効果が、有権者の投票行動に影響を与える懸念が過去にはあったわけですが、今や大新聞、テレビ等でも大量の情勢分析・予測記事やニュースを流すわけですから、その点からも問題外となったのでしょう。

こうした直前の記事やニュースが、実際の投票行動にどの程度影響するのかも後日検証してみたいものです。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.election.ne.jp/tb.cgi/79758

コメントを書く

  • 全てを引用

コメント

この絵に表示されている文字列を入力してください (半角で4文字です)
※ このコメントは一度チェックを通しますのですぐに反映されません。

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election

※本欄は広告であり責任は広告主に帰属し、当サイトが推奨するものではありません。

KOIKOI |  女性の住まいさがし |  ニッキーズ Project |  美容師を目指そう |  WEBディレ |  葬儀マナー百科