ニュースの感想

東京都議選「自民惨敗、民主大躍進」

  • 三浦博史
  • at 2009/7/13 09:50:40

昨日投開票の東京都議会議員選挙。大方の予想通り「自民惨敗、民主大躍進」という結果となりました。事前の世論調査もかなり当たっていたといえるでしょう。

自民党では、内田茂氏(千代田区)、立石晴康氏(中央区)、野村有信氏(青梅)など、1人区でのベテラン議員の落選がその凋落ぶりを象徴しています。一方、民主党は圧倒的な得票数で“底上げ”に成功し、議席数でも他党を圧倒しました。

しかし、いくつかの注目点があります。それは54.49%と、前回比10.5ポイントも投票率が上がったにもかかわらず、公明党が全候補者当選を果たし、完勝したことです。これは凄いとしかいいようがありません。

そして共産党。“蟹工船ブーム”といわれながらも、前回の13議席から8議席と5議席の大幅減。これだけの“反自民ムード”の中で、都民の心を掴めなかった原因は何なのでしょうか。また今回デビューの幸福実現党の候補者10名の合計獲得票数は13,401票(有効得票数の0.24%)で、結局、有権者には全く見向きもされなかった結果といえましょう。

さて、総選挙ですが、これだけ投票率が上がり、無党派層が自民の3.7倍(朝日新聞出口調査・無党派層:自民13%、民主48%)の勢いで民主に流れれば、接戦の小選挙区はその大半が民主の勝利となることでしょう。あとは「候補者力」がどこまで通用するかが見せ場となります。本日発売の「サンデー毎日」(東日本編)では、投票率がアップした都議選での「自民惨敗、民主大躍進」を前提として予測していますので、ぜひご笑覧下さい。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.election.ne.jp/tb.cgi/78433

コメントを書く

  • 全てを引用

コメント

この絵に表示されている文字列を入力してください (半角で4文字です)
※ このコメントは一度チェックを通しますのですぐに反映されません。

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election

※本欄は広告であり責任は広告主に帰属し、当サイトが推奨するものではありません。

KOIKOI |  女性の住まいさがし |  ニッキーズ Project |  美容師を目指そう |  WEBディレ |  葬儀マナー百科