ニュースの感想

1月25日投開票の山形県知事選挙で、無所属新人の吉村美栄子氏が大接戦の上、約1万票の差で現職の斎藤弘氏を破りました。

様々な原因が考えられますが、1週間前までの大方の予測では3:2で現職の斎藤氏が優勢でした。一体最後の1週間に何が起きたのでしょうか?

民主党の小沢代表が応援に入ったためという解説もありますが、それ以上に斎藤氏の、いわば「山形版・ミニ小泉改革路線」の痛み分けがトリガーだったという見方に同調します。即ち、県の財政再建という王道を斎藤氏が歩んでいたにしても、その痛み、苦しみのみを味わった県職員や県民は反発を持って当然(もう4年[2期目]続けたら痛みの後の恩恵を受けることもあったでしょうが)。タイミングとしては、ちょうど反発のピークだったのかもしれません。

同時に加藤紘一氏の山形県内での影響力の凋落の表れともいえるでしょう。山形3区はもとより、地元の鶴岡市でも斎藤氏は大幅に票を減らしているのです。そしてその敗因を、麻生内閣の不人気のせいにし、責任転嫁しているわけですから、今後益々“加藤離れ”を起こすでしょう。ここは“民主・小沢に一本あり”だったと思います。

この構図で“拡大解釈”すれば、総選挙前に「消費税」を真正面から取り上げるという王道を歩む麻生内閣は、さらなる“予想外”の惨敗になるはずです。

選挙は民を一度敵にまわしたら、勝ち目はないのです。しかしながら、吉村県政の今後の議会運営は“いばらの道”となるでしょう。


  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.election.ne.jp/tb.cgi/64985

コメントを書く

  • 全てを引用

コメント

この絵に表示されている文字列を入力してください (半角で4文字です)
※ このコメントは一度チェックを通しますのですぐに反映されません。

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election

※本欄は広告であり責任は広告主に帰属し、当サイトが推奨するものではありません。

KOIKOI |  女性の住まいさがし |  ニッキーズ Project |  美容師を目指そう |  WEBディレ |  葬儀マナー百科