ニュースの感想

ヒラリーとオバマが組むとどうなるか?

  • 三浦博史
  • at 2008/3/11 10:43:26

ヒラリーは窮地を脱する“秘策”の一つとして、「(私が大統領になれば)副大統領にオバマを据えることを否まない=するかもしれない」という、オバマ支持層に対する“すり寄り”のメッセージを流し始めました。

おそらく、この発言がヒラリーのキャンペーンの致命傷になるかもしれません。なぜなら、アメリカの選挙プロの間では、闘いの最中の“すり寄り”は最大の禁じ手といわれ、候補者自らが“このままでいけば負けるかもしれないから、対抗馬と組んでも良い”と宣言しているようなものだからです。

最後の最後までフェアかつ徹底的に闘うことが有権者の関心を惹きつける、とされています。日本の選挙でも同じことがいえます。選挙戦の最中に対抗馬や対立政党にすり寄る姿勢を見せることは、決して有権者に受け入れられるものではありません。

選挙戦は弱気を見せたら最後なのです。

 


  • コメント (1)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.election.ne.jp/tb.cgi/50331

コメントを書く

  • 全てを引用

コメント

ヒラリーの、この言葉から奥深い心理が読み取れますよね。そうすると、それに対峙するオバマがどのような感情で、この選挙選を戦っているのか
ひょっとして読めるかもしれない、そこから・・・と、いろいろと推論ができないでしょうか??オバマは、「口コミの達人」ではないかとも(以前書き込みしました)思いますが、その根底には大衆それぞれの感情を掴み取るバランス感覚があるように考えています。日本でもこの感情コントロール法を意識的にも、無意識的にもベストセラー作家が使っています(そう分析しています)

  • Posted by 渡辺
  • at 2008/03/12 00:21:53

コメント

この絵に表示されている文字列を入力してください (半角で4文字です)
※ このコメントは一度チェックを通しますのですぐに反映されません。

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election

※本欄は広告であり責任は広告主に帰属し、当サイトが推奨するものではありません。

KOIKOI |  女性の住まいさがし |  ニッキーズ Project |  美容師を目指そう |  WEBディレ |  葬儀マナー百科