ニュースの感想

党首力

  • 三浦博史
  • at 2008/1/17 14:18:49

アメリカ大統領選挙は「政権交代」という意味での共和党対民主党の戦いではありますが、勝敗の決め手は徹底した個人戦、即ち「党首力」です。

民主党の顔がヒラリー、オバマのどちらになるのか、対する共和党もマケイン、ジュリアーニのどちらになるのかでその強弱が決まってきます。PRの大半を注ぎ込むテレビCMやテレビ討論でも政党の宣伝など全くありません。各党の大統領候補が決まれば、そこからは各党の“顔”の好感度・嫌悪度で支持率が大きく左右されていくのです。

これが日本でも当てはまるようになってきました。前回総選挙での小泉劇場による自民大勝、そして先の参院選での自民大敗。その最大の原因は、安倍総理に対し有権者が愛想を尽かしたからです。即ち自民・民主各党のイメージや政策云々ではなく、小泉、安倍の「党首力」で勝敗が決まったといえます。

昨日の小沢民主党代表の国会採決欠席に関する会見を見て、正直なところ驚きました。一言で言えば、「党首は何をやってもいい」的な驕りが随所に見られたからです。党首は党員、党所属の議員、そして何よりも有権者=国民を向いて話をするべきです。まさに民主党の弱点を垣間見た気がします。

あの会見で、仮に福田総理の支持率が下がったとしても「小沢にこの国は任せられない」と思った人も多いのではないでしょうか。


  • コメント (1)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.election.ne.jp/tb.cgi/37171

コメントを書く

  • 全てを引用

コメント

おっしゃるとおりですね。
小沢氏が民主党を率いる限り、民主党は決して信用出来ませんし、国政を任せることはできません。
反自民の私でも小沢氏は許せません。

コメント

この絵に表示されている文字列を入力してください (半角で4文字です)
※ このコメントは一度チェックを通しますのですぐに反映されません。

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election

※本欄は広告であり責任は広告主に帰属し、当サイトが推奨するものではありません。

KOIKOI |  女性の住まいさがし |  ニッキーズ Project |  美容師を目指そう |  WEBディレ |  葬儀マナー百科