選挙情報

次期総選挙与野党逆転ならず

  • 三浦博史
  • at 2007/12/26 10:35:56

今、発売中のサンデー毎日の新春合併号と、新年号(1月7日発売)の2号にわたり次期総選挙の全選挙区当落予測を掲載しています。

衆議院小選挙区は参議院とは異なり、日常の活動量がモノを言う世界。日頃から足で稼いでいる自民党候補には根太さがあります。比例は年金問題での自民首脳発言によるダメージで民主に軍配が上がりそうな気配。それでも公明党を加えれば、与野党逆転には至らず、政権交代とはならないでしょう。

たとえば四国。先の参院選では民主全勝でしたが、次期衆院選では徳島1区の仙谷由人氏を除き、自民優勢か民主苦戦といった情勢です。その一方、保守王国新潟で自民全敗の可能性があります。


  • コメント (1)
  • トラックバック (0)
トラックバックURL :
http://www.election.ne.jp/tb.cgi/34912

コメントを書く

  • 全てを引用

コメント

サンデー毎日の記事を見ました。私も、自民と公明の与党が過半数をある程度上回るのではないかと思います。これには、解散の時期の問題があります。7月サミット、8月オリンピックの後に解散のシナリオがあるのではないかと思います。サミットで成功を収め、オリンピックで、ナショナリズムが掻き立てられるとともに、年金問題などのニュースがマスコミから消えた後に総選挙となると、この前の参議院選挙のときのような自民への逆風はないのではと思います。地域力は三浦さんの書かれている通りに、自民の方があるのでしょうから、極端な逆風が吹かなければ、過半数には届くのではないかと思います。

  • Posted by 児玉克哉
  • at 2007/12/30 09:42:35

コメント

この絵に表示されている文字列を入力してください (半角で4文字です)
※ このコメントは一度チェックを通しますのですぐに反映されません。

エレログTOP | エレログとは | 運営会社 | 免責および著作権について | お知らせ

政治家ブログ”エレログ”地方議員版ができました。参加お申し込みはこちらから

政治家専門サイト ele-log 国政版 お申し込み 政治家専門サイト ele-log 地方版 お申し込み
国会議員、都道府県知事、市区町村長、都道府県議、市区町村議、および立候補予定者専用

Copyright by Promote committee of Online-Election.,2001-2007, all rights reserved.
ele-log and the ele-log logo are registered trademarks of
Promote committee of Online-Election

※本欄は広告であり責任は広告主に帰属し、当サイトが推奨するものではありません。

KOIKOI |  女性の住まいさがし |  ニッキーズ Project |  美容師を目指そう |  WEBディレ |  葬儀マナー百科